コレステロール値の増加 気をつけるべき成分

コレステロール値の増加 気をつけるべき成分

コレステロール値の増加 気をつけるべき成分 :執筆者 秋山真美先生

コレステロール値と関係が深い脂質や飽和脂肪酸など、成分ごとに特徴をご紹介しています。

transe

→トランス脂肪酸

気づかないうちに、日常的に摂取をしているトランス脂肪酸。主にマーガリン、ショートニング、ファットスプレッドと表記されています。

oil

→脂質

脂質はナッツや乳製品、脂身が多い肉などに多く含まれます。

butter

→飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は体内で凝固しやすくコレステロール値を増加させる成分として知られています。