豚肉

豚肉

9、豚肉

porkコレステロール注意度☆★★★★

豚肉は一見「肉」に分類されるので太りそうなイメージがとても強いように思いますが、実はそうではありません。豚肉に含まれているポークペプチドという成分はコレステロール値を下げる働きがあります。

勿論食べ過ぎることで肉に含まれる脂肪を摂取すぎてしまうので注意が必要ですが、許容範囲ならば逆にコレステロール値を下げる作用があります。

他にも脂肪燃焼効果作用があるカルニチンを含んでいたり、ビタミンB群が豊富に含まれているので素晴らしい食材です。

コレステロールの基本的な問題

コレステロールについての話題になると、コレステロールが多い食品ばかりに注目されてしまいますが、基本的にその考えが違います。
まずコレステロールは、食品にも含まれていますがそれが吸収される割合は多くて20%程度です。

コレステロールを下げるという問題には、コレステロールを増やしてしまう食品の摂取を減らすこと、コレステロールを合成させにくい食品を摂取することがポイントになります。

豚肉の許容範囲

食べ過ぎると中性脂肪が増えてしまう問題があります。結果的にコレステロールを下げるには1日当たりは100グラム程度が良いといわれています。

また脂身が多い場所は、脂肪を多く含んでいるので逆効果なので注意しましょう。

オススメ調理方法について

豚肉は基本的にどの食材ともバランスよく調理することが可能なのでさほど困ることはありません。

オススメとしては、ごぼうなどの食物繊維が豊富に含まれる食材と煮物にするなどが良いでしょう。煮物の味付けの際は砂糖や調味料は若干薄味にすると更に良いでしょう。

食物繊維は吸収されずに排出される作用があり、腸内環境を正常に整えてくれます。

これにより悪玉コレステロールの発生を防いだり、コレステロールの吸収を抑制する効果が見込めます。
豚肉のイメージは太りやすいという先入観があるかもしれませんが、実はコレステロールを抑えてくれる素晴らしい食材です。

※コレステロールLABOイチオシのコレステロール飲料はこちら!
今ならお得なキャンペーン価格で購入可能です。

緑でサラナバナー