コーヒー

コーヒー

コーヒー

ko-hi-
hosikko-hi-

コーヒーは何かと助けてくれる

眠気覚ましの一杯としてコーヒーを飲んでいるという方も少なくありませんが、コレステロール値をしっかりと下げていくことができるので、日常生活でコーヒーを取り入れてみるのもいいでしょう。今では自宅やコンビニエンスストア、そしてカフェでコーヒー豆から焙煎して飲むことができる時代になっていますが、いずれもコレステロールに大きな影響を与えていきます。

というのもコレステロールは善玉や悪玉、中性脂肪といったものがあります。コーヒーではその中で善玉コレステロールを活性化させていくことができ、飲み続けていたらコレステロール値が下がったというケースもあるのです。何かとカフェインが注目されますが、この機能も知っておくといいでしょう。

ポリフェノールに注目

コーヒーには健康的な成分が多く含まれていますが、ホットコーヒーもアイスコーヒーも同様の成分が色々と含まれています。その中にポリフェノールがあり、この成分がコレステロール値を大きく下げると期待されています。ポリフェノールは代表的なのは赤ワインで、多く飲んでいる方は健康的になるだけでなく美容効果も発揮しています。コーヒーにも同様のポリフェノールが含まれていますが、動脈硬化を引き起こしてしまう血管の壁へ蓄積されていったコレステロールを解消していきます。これによって体内の脂肪を減らしていくことができ、体重を減らしていくこともできるでしょう。

コーヒーの飲み方と気をつけたいこと

コレステロール値を下げていくことが期待されるコーヒーですが、どのようにすれば効果的に体内で働いてくれるのでしょうか。そもそもコーヒーはカロリーを殆ど持っていません。よっていくら飲んでも脂肪がたまるということはありません。ただ苦味などが耐えられないという方は、中に砂糖やミルクを入れてしまうという方もいることでしょう。アイスコーヒーではガムシロップを入れることもありますが、これらが脂肪分を増やしてしまいます。よってブラックが一番効果的なのです。砂糖を入れるとコレステロールだけでなく、カフェインの効果も薄れていきます。飲むタイミングとしては運動をする30分前が効果的で、コレステロールを減らしていくカフェインが体内でしっかりと働いていきます。しかし多く飲んでしまうと睡眠障害などを引き起こしてしまうこともありますので、ダイエットに効果的でない働きを招いてしまうことがあります。ストレスなどにも気を配っていきながら、コレステロール値を下げていくように飲んでいくといいでしょう。

※コレステロールLABOイチオシのコレステロール飲料はこちら!
今ならお得なキャンペーン価格で購入可能です。

緑でサラナバナー