こんにゃく

こんにゃく

こんにゃく(グルコマンナン)

konnyaku_pinhosikonnnyaku

ダイエットにもコレステロール数値が気になる方にも、脂質異常症の方にもかなりお勧めです。
そしてコスパ的にかなり安い値段で入手できるので、コレステロールを減少させる食材お勧め度もコスパお勧め度も共に★5つです。

1.こんにゃくの有効成分グルコマンナンが大活躍します

こんにゃくにはグルコマンナンと言う成分が豊富に含まれています。
これによって必要以上に摂取してしまったコレステロールや糖質を体外に排出します。
結果的にコレステロールは減少し、食事にある程度気を付けている方達には体重が減るという嬉しい効果も期待できます。
グルコマンナンを多く摂取しても、必要分のコレステロールを体外に排出してしまう事はなく大量にこんにゃくを食べても問題はありませんが、人によってはこんにゃくを多く食べるとお腹を下す方もいるようです。

3.腸内環境を整えるには善玉菌にご飯をあげましょう

腸内環境を整える為に働く善玉菌ですが、実は水溶性食物繊維が大好物なのです。
この水溶性食物繊維はこんにゃくや果物に多く含まれています。
逆に不溶性食物繊維の必要以上の摂取は、分解しきれずに腸内環境が崩れやすくなります。
便秘気味の方は特に不溶性よりも水溶性食物繊維を多く摂取するように心がけると良いでしょう。

4.コレステロールが気になる方でダイエットを始められる方へ

グルコマンナンは水分を与える事で容量を増します。
ダイエット中に空腹に悩まされないように、食前にこんにゃくを食べる事で胃の中で膨らみ軽い満腹感が得られます。
水分を一緒にとる事が大切ですが、水ではなかなか口に入ってかないかもしれません。
そんな方にはグルコマンナンが多く含まれたゼリー等を食前に食べるようにしましょう。
勿論水分はしっかりと一緒に摂取しましょう。

こんにゃくゼリーにもグルコマンナンが入っているので、こちらのゼリーでもいいのですが
食べ過ぎはカロリーが多くなってしまいますので注意して適量食べるようにしましょう。

onepoint

こんにゃくは体内のお掃除屋さんとして知られていると思います。
体の老廃物を便と一緒に外に出してくれます。コレステロールも同じく外へ出してくれる働きがあります。
こんにゃくの主成分であるグルコマンナンは人間の消化酵素では分解することができないのでこんにゃくのまま腸まで辿り着き便の量を増やして腸壁を刺激します。
また、グルコマンナンは胃内で水を含むと膨張するので空腹感を満たしたいダイエット中の人は一緒に水分はしっかり摂るのがおすすめです。
こんにゃくはただただコレステロールを下げるのではなく、正常値に保ってくれる優れものです。おすすめの食べ方はやはり毎日続けて食べないと効果が期待できないので、ご飯に白滝(糸こんにゃく)を混ぜたこんにゃくご飯がいいと思います。
ご飯のかさ増しにもなるし味も全然気にならないですよ。試してみてください。

※コレステロールLABOイチオシのコレステロール飲料はこちら!
今ならお得なキャンペーン価格で購入可能です。

緑でサラナバナー

乳酸菌

魚(DHA、EPA)

オリーブオイル

大豆

しいたけ

麦ごはん、玄米

ブロッコリー

こんにゃく

緑黄色野菜

わかめ

リンゴ

にんにく

トマト

鮭