しいたけ

しいたけ

しいたけ

shitake_pinhosisiitake

しいたけは悪玉コレステロールを抑制効果には期待できますが料理に使用する量が多くなるとレシピに限りが出てしまいがちなのでお勧め度は星3つです。
またコスト的にも数量が少なく金額が割と高めなのでコスパお勧め度星3つです。

しかし、少しの手間暇は惜しまないという方には原木を購入する事をお勧めします。
原木は小さいサイズであれば20㎝以内の物があり、金額的にも1000円程度で購入できます。
ネットでも購入できるので、少しの手間で食べきれない程のしいたけが栽培できます。

私も原木生産者の方から毎年小さい物を頂くのですが、4人家族で食べきれない程の量が実のるので消費していくのに苦労しています。
是非、しいたけが好きでちょっとした手間が気にならない方には原木栽培はお薦めです。

1.しいたけは乾燥と生では期待できる効果に違いはありません

干しいたけを使用するか、生しいたけを使用するかは作る料理によって使い分けるのですがコレステロールが気になる方で、どちらの方がコレステロールを下げる効果が期待できるのかと相談された事がありました。

悪玉コレステロールを減少させる効果が期待できるエリタデニンは乾燥させても壊れる事も無く含まれたままです。
ですので干しても生でも同じ成分量を含んでいるのですが、エリタデニンは水に溶けだしやすいので干しいたけを戻す際に使用した水は大切なエリタデニンが流れ出た状態です。
この戻し汁を捨ててしまうと意味がないので、戻し汁は捨てずに使用する事が大切です。

2.しいたけの2つの効果とは

  • 上記でも書いた悪玉コレステロールを減少させる効果が期待できます。
  • 干しいたけの場合はビタミンDが豊富に含まれるので、カルシウムを効率よく身体に取り込む事ができます。カルシウムを効率的に吸収するように働きかけるので、カルシウムは豊富な食材や食品と掛け合わせたり一緒に摂取する事でその食品や食材の栄養を効果的に吸収できます。

勿論、過剰に摂取された栄養は体外に排出されますし、体の負担になる事もありえます。
適度は栄養必要量を補うようにしましょう。

onepoint

しいたけにはコレステロールを下げる成分が含まれています。
それはエリタデニンです。エリタデニンはしいたけ特有の成分で、LDL(悪玉)コレステロールを低下させますが、HDL(善玉)コレステロールは低下させないという嬉しい働きをしてくれます。
エリタデニンは水溶性なので水に溶け出します。
干ししいたけを使う時は戻し汁もちゃんと調理に使用して無駄なくしいたけの効果を得ましょう。
手軽にエリタデニンをしっかり摂取するためには、水に溶け出す性質を利用します。
干ししいたけを水に浸して一晩くらいおくと大量のエリタデニンが溶け出すので戻し汁の方を飲むとより効果を得られるでしょう。
 また、しいたけは日光に当たることでビタミンDが活性化されます。ビタミンDは腸管からカルシウムが吸収されるのを手助けしてくれるビタミンです。
さらに、しいたけには食物繊維も多く含まれるため腸管のコレステロールをからめて排出してくれる働きもありますのでおすすめです。

※コレステロールLABOイチオシのコレステロール飲料はこちら!
今ならお得なキャンペーン価格で購入可能です。

緑でサラナバナー

乳酸菌

魚(DHA、EPA)

オリーブオイル

大豆

しいたけ

麦ごはん、玄米

ブロッコリー

こんにゃく

緑黄色野菜

わかめ

リンゴ

にんにく

トマト

鮭